« 年賀状 | トップページ | DVD『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 »

2009年1月 3日 (土)

DVD『アフタースクール』

お正月は 例によって 地上波は大味な番組ばかりなので

DVDを何本かレンタルしてきました。

Cap029

『アフタースクール』。

噂はもちろん聞いていましたが これ程とは・・・!!!

見事に騙されました^^;

Cap002

Cap003

Cap005

Cap006

Cap009

Cap010

Cap011

Cap014

Cap019

冒頭のこのシーン。 誰もが 新しい命を授かった 幸せな夫婦に見えるでしょう。

・・・ 苦情が入るくらい ネタバレ平気なおいらでも

この作品のストーリーを語ることは出来ません。

自分は今まで 先入観だけで物事を判断していたのだろうか?

真実は なんて単純なようで複雑なんだろう。 

偶然の重なり合いなんて奇跡じゃなくて 必然へのアプローチにしか過ぎない。

これは 何度となく言い聞かせた言葉なのに まだまだ自分が甘いことに気づかせてくれた作品でした。



天国の本屋 恋火

昨年の暮れ 深夜に放送してたものを録画しました。

Cap058 Cap059

Cap045 Cap046

Cap049 Cap065

義父が眠るお寺の 浄土真宗大谷派の住職は

現世が土曜日 あの世が日曜日と考えてくれればいいと言った。

亡くなった人を悲しんだり 死を恐れたりするなと言う意味でしょう。

この映画を見ていると 天国もそんなに悪くないなと思ったりする。

Cap068 Cap069

香里奈が演じる由衣と弟のストーリーもいい。

Cap094

とにかく 竹内結子の儚げな演技が素晴らしかった。

|

« 年賀状 | トップページ | DVD『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 »

コメント

アフタースクールの記事を拝読し、虎馬さんにしては珍しいな…と思いました。

それはネタバレ云々の事では無く、先入観云々の自己診断の方なんですがね。^^

余程、制作者の意図以上に掻き回されましたか?

投稿: ブタネコ | 2009年1月 4日 (日) 06時48分

【ブタネコ さん】

ブタネコ さん・・・ やれました^^;


貴ブログの記事を拝見して 警戒ハードルがMAXまで上がっていたにも係らず 騙されました。


ノスタルジックな入りも 後から考えると巧すぎるつくりですね!


いきなり ストンと落とされてからは 何度軌道修正しても 想像以上のことが目の前で展開されて行きました。


まったくジャンルは違いますが こんなに騙されたのは『スティング』以来です^^;


ご紹介 ありがとうございました。

投稿: 虎馬 | 2009年1月 4日 (日) 09時39分

アフタースクール・・・私は大泉洋が自分の部屋に帰った瞬間から思考停止しました。
2度目を観ても、1度目の感覚を味わうことが出来ませんね。

いつかどなたかのアフタースクールの核心にせまるネタばれの記事・感想を読んでみたいと思っていたのです。
虎馬さんなら・・・と思っていたのですが・・・躊躇されましたか?

投稿: 大阪だい | 2009年1月 6日 (火) 10時48分

【大阪だい さん】

これ、凄い映画でしたね!


ある程度 内容は知っていたんです。

でも、最初の あの甘酸っぱい入り方で

完全に油断させられました。


役者がある程度揃ってから 事が始まるのかと思っていましたが

最初からはめられていたとは・・・^^;


何度も見たくなるいい映画って ネタがばれようが関係ないですよね? 

それは 大抵 役者が引っ張っていく作品なのかも知れません。


しかし この映画のストーリーを事前にばらす程 自分は趣味が悪くないということを自覚しました。


おばはんウケのする映画ばっかり見ている どっかのじじいに 

まず これを見ろといいたいです^^;

投稿: 虎馬 | 2009年1月 6日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144595/26767781

この記事へのトラックバック一覧です: DVD『アフタースクール』:

» 竹内結子 [竹内結子]
竹内 結子たけうち ゆうこ 生年月日 1980年4月1日(27歳) 出生地 日本・埼玉県さいたま市(旧浦和市) 血液型 A ジャンル 女優 活動期間 1995年 - [続きを読む]

受信: 2009年1月 9日 (金) 01時36分

« 年賀状 | トップページ | DVD『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』 »