« 僕らの音楽(8月22日) | トップページ | 「ICHI」TVCM »

2008年8月24日 (日)

「おっぱいバレー」読みました^^;

Img1

帯が映画仕様になるまで待とうかとも思いましたが

我慢できませんでした^^;


去年 この小説が平積みされてた時は

なんだか おかしな表紙だと思いましたが

実際 同じような場面が描かれており

部員の特徴を意識した人選のようです。

この子達が 映画に出るのかな???

作者は これが初めての小説なんですね!



最近の学園ドラマって 不良を純粋だ 生きるのが下手なだけだ やれば出来るだなどと

持ち上げる風潮だと思いません? 

ただ 選択する道を 楽な方 楽な方へ行ってるだけじゃん。

もっと 学業で頑張っている生徒にも 光を当ててあげないと いけないような気もしますが^^;




「おっぱいバレー」は 帯に書いてある通り 

先生の「おっぱい」をモチベーションに 新人戦を勝ち上がっていく生徒(中学生)たちを描いているわけですが

自分もこの頃(今も?^^;)は ほとんど あっちのこと考えていたわけで

ギターを弾き始めたのも もちろん 拓郎を弾いてみたいこともありましたが

その向こうには 女子にもて囃されたいという願望が 当然あり

また その向こうには いろいろ・・・と あったわけです^^;

そう考えると

読み進んでいくうちに これは結構健全じゃないの とすら思うようになってきました。

寺嶋先生は 肉感的でなく 比較的清楚なイメージで描かれています。








練習がハードになるとチラッ

新しい技に挑戦するとチラッ

それが成功するとニタッ!

毎日、目で犯されている・・・・・。







主人公のイクオと寺嶋先生 それぞれの目線で

ほぼ一章づつ 交互に書かれているのも面白い。

「道程」と「童貞」の古~いギャグとノリに いきなり退いてしまいましたが

中盤の「曲がりくねった道」あたりから 一気に最後まで読んでしまいました。

この章は 特によかったな。

寺嶋先生を教師に導いた 恩師原田は 是非 重厚な演技が出来る人にやって欲しい。

HPに 名前のある 仲村トオルは バスケの顧問でしょうか?

青木くんが 元彼かな?





彼の手が私の胸に触れた瞬間、私の脳裏に「おっぱいおっぱい」と言いながら走る部員たちの姿が浮かんだ。

あの子たちは私のおっぱいを見るために必死で汗を流している。

それなのにこの男は!気安く触らないで!!





・・・ 元彼も不運である^^;



それから イクオの幼馴染の理恵は誰がやるんでしょうか?

あれ あれ あれ?おいら 結構楽しみにしてるかも^^;

|

« 僕らの音楽(8月22日) | トップページ | 「ICHI」TVCM »

コメント

なるほど~!

またまた「僕らの音楽」を見逃したioです

「おっぱいバレー」
タイトルがどうのこうのと騒いでいた連中はどこへ行ってしまったんでしょう?

とても楽しみにしている映画なんですが
少し前は生徒だったはるかちゃんが先生と言うのは
なんだか複雑な気持ちです

それに原作は私の家の近くなのに
ロケは九州!
なんでやねん!

それにしても
虎馬さんの語り口
前略のサブのようで
懐かしいわけで。。。

投稿: io | 2008年8月24日 (日) 09時05分

わたしは以前、ドラマが終わる前に我慢出来ずに「鹿男」の禁断の原作を読んでしまったので、今回は映画を見るまでは読まないようにしようと思っておりますが、何だかわたしの脳みそをくすぐるな文言がたくさんあるようなので、ちょっと不安ですね・・・。

投稿: はーちゃん | 2008年8月24日 (日) 10時51分

帯が映画仕様になるまで我慢します^^

以前 自分も本屋で平積みされていたのを
見たことがあるんですよ。
虎馬さんと同じようにおかしな表紙だなって
特に気にもとめませんでした(^^;)

最近の学園ドラマ・・・同じ思いですね。
見ていて単純にわかりやすい内容を求めているような
安易なドラマばかりになっている傾向がありますよね。
もっと違う視点から描くドラマがあってもいいと思う。

今回のエントリーって・・・感想なのかな?(^^;)
すご~く ゆる~く読めました^^
うん、とてもいい感じです。

虎馬さんのブログ・・・
いろいろと参考になったり、勉強になったり、
視野が広がっていますよ。

ありがとう ありがとう。

投稿: Nob | 2008年8月24日 (日) 14時03分

【io さん】

最初に映画ありきで このタイトルが決まったのでなく

このタイトルに 製作者が飛びついたわけで

いろいろ言う連中は 的がはずれていますね。


教師歴3年の設定ですから 25、6の役です。

セーラーも もうきついかも?^^;


原作は 静岡なんですよね。

元彼も らしく大手楽器メーカー勤務です。

焼きみかんなんかも出てきます^^


前略世代ですから 染みついているのかも知れれません。


投稿: 虎馬 | 2008年8月24日 (日) 18時52分

【はーちゃん】

推理小説ではないんですから

ここは どーいう風に演じるのかなとか

キャスティングを想像してみたり

前もって読んだ方が 楽しみが増えると思うんですけどね~^^;


投稿: 虎馬 | 2008年8月24日 (日) 19時00分

【Nob さん】

帯が変われば また買っちゃうかも。

実は この本 book-off なんです^^;


綾瀬はるかのおかげで いろんな本を読むようになったし

あんまり外出なんかしなかったのに ロケ地に出向いたり

もちろん ブログまで始めたり ライフスタイルが かなり変わりました。

これって いいことですよね?^^


原作ですが

ストーリーをどこまで書いていいのか 難しいです。

最初は 中学生なのにありえないだろうと部分が何箇所かあり 何度か突っ込みも入れましたが

後半からは一気に読めましたよ。

まあ・・・ 綾瀬はるか出演の映画でなければ 読んではいないんですけど^^;


Nob さんとは 年代も近いんで 嵌るモノが重なることもあると思います。

紹介したものに 共感してもらえるって 本当に嬉しいことですね!^^

投稿: 虎馬 | 2008年8月24日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おっぱいバレー」読みました^^;:

« 僕らの音楽(8月22日) | トップページ | 「ICHI」TVCM »