« 陽のあたる場所 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »

2008年7月26日 (土)

イエスタデイズ

本題に入る前に 少しだけ 吟じてみたいと思います^^;

♪ 巨人・二岡の復帰後初ヒットで~~~~~~~

スコアボードの「H」マークが いつもより大きく見えた~~~~~

・・・・・・・ あると思います。





FINE DAYS 本多孝好

(訂正・加筆有り)

Img1

帯の塚本くんに惹かれて購入しました^^;




この本には 四つの短編が収められてます。




○FINE DAYS            「小説時代」 2002年3月号

イエスタデイズ         「小説NON」 2000年5月号

○眠りのための暖かな場所   「小説NON」 2001年4月号

○シェード              書き下ろし



当然 映画化される「イエスタデイズ」を先に読んでみました。

(監督は 『Yumming Films』の「リフレインが叫んでいる」を担当した 窪田崇。

この人も 出身が広島なんです!^^)


簡単なストーリーを・・・



余命を知った父親は 幼い頃から確執し 一年前(映画では三年)に家出した聡史を 病室に呼び寄せる。

ある人物を探し出して欲しいというのだ。

僅かな手がかりをもとに 古いアパートにたどり着いた聡史は

そこで 奇妙な体験をする。



単純で唐突なファンタジーなら拒否反応ビンビンなんですが

これには キタなァ。

それにね この親子が映画では 國村隼と塚本高史だってわかっているから

普通に読んでいるよりも 何倍も高揚する。

Ci080726222050

http://www.yesterdays-movie.com/


「金はどうしてる?足りてるのか?」

「足りないって言ったらくれるのか?」

「やるって言ったら受け取るのか?」





お互い素直になれない 似たもの同士の親子を

きっとふたりは 素敵に演じてくれるでしょう。

ほんと 憎めないんだよなァ 塚本高史って^^;




「先入観を持ちたくないので 原作は読まない」などと また誰かが言ってますね^^;

元々 本など読んでないじゃん。読まないための言い訳なんだもん。

同じようなこと言っていた「鹿男あをによし」 あれから読んだのかな?

ドラマ熱が冷めちゃ 益々読む気が失せちゃうんじゃないの?

先に読んで 楽しみが増えるってこともあるんだよ。^^;




「イエスタデイズ」に話を戻しますが

読み終わったあと 帯の映像写真を見ると

海辺のシーンや腕相撲のシーンが 小説にはないことに気づきました。

原作ありの映画って かなり端折っちゃう部分があるものだけど

この映画は 期待を持たせる膨らませ方をしているみたいです。


ひとつだけ・・・ 別れた理由をもう少し はっきり描いて欲しかった。 

ちょっぴり納得いかないな。

資産家の娘と結婚するためとか・・・ これはベタ過ぎるか^^;

ふたりで頑張っていく道も あったような気がします。



それから 小説では触れてませんが

父親も 「会ったこと」を憶えているはず。

膨らませるなら ここだと思うんですが・・・^^;


|

« 陽のあたる場所 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »

コメント

>スコアボードの「H」マークが いつもより大きく見えた~~~~~

・・・・・・・ あると思います。


これを見て コメントせずには いられませんでした(悔しい。。。)

グッ ジョブ!


以上です m(__)m

投稿: ふなむし | 2008年7月27日 (日) 12時43分

本多孝好の著作はほとんど読んでおきながら、
「イエスタデイズ」が映画化されることを全く知りませんでした^^;

父親役に國村隼かぁ…これだけで見たくなっちゃいます^^

ちなみに本多孝好の短編集「Missing」個人的にオススメです。
今の暑い時期に涼しげな読後感が心地よいですよ。

投稿: うんぼぼ | 2008年7月27日 (日) 13時00分

【ふなむし さん】

にゃははは~^^

拾ってくれて うれしいっす!


憶えてますよね?

今年のはじめ レッドカーペットの記事で

おいらが 世界のナベアツを推したとき

ふなむし さんが エドはるみを紹介してくれたんですよね!

そして そのふたりが 大ブレイク!!


今頃 騒いでも 遅いよね~^^;


投稿: 虎馬 | 2008年7月27日 (日) 14時01分

【うんぼぼ さん】

うんぼぼ さんが 著者のフリークであることは

もちろん 存じ上げてました!


塚本くんで映画化 そして スキャンに反映できませんでしたが

とても 爽やかな表紙デザインに惹かれました^^;


高橋恵子と風吹ジュンがキャスティングされていまして

どっちが「どっち」かな?と思いましたが

和服を着てくる設定ですから 高橋恵子ですよね?^^


>「Missing」個人的にオススメです。
今の暑い時期に涼しげな読後感が心地よいですよ。


ありがとうございます!

涼化は 内面からが理想です。

読んでみたいです^^;
 

投稿: 虎馬 | 2008年7月27日 (日) 14時15分

詩吟木村でしたっけ?
実は大好きです(^^)。

本題の前に吟じた虎馬さんに拍手~。
思わず声に出して真似してみたら
横にいたかみさんに白い目で見られました(^^;。

虎馬さん、いいと思います!

塚本くんが歌っているのを実は初めて見ました。
彼をみているとまたあの映画を見たくなってきました(^^)。
イエスタデイズも面白そうですね。

投稿: roadrace | 2008年7月28日 (月) 01時35分

【roadrace さん】

そーです 天津木村の詩吟ネタです。

クルと思ってるんですけど 露出が少ないですね^^;


でも roadrace さんにわかってもらって嬉しいな。


動画をチェックしてみたんですけど

~~~~~のヤマはみっつでした

次のネタは 忠実にオチをつくってみたいと思います^^;


今度は 奥様もクスッと笑えるものを。


あの映画とは あの映画ですね?

いま思えば よくYUIちゃん出たなァ^^;


塚本くん 歌も結構憎めないでしょ?

特にこの曲 「ピリオド」と印象が似ているんです。


「イエスタデイズ」の良さと おいらの映画への期待 伝わったかな?

原田夏希が綾瀬はるかなら 号泣き確定です。


それから 「教授」と「補習」をなされたそうで^^

おいらが出した「課題」も早速 検証されたとのこと

おふたりの課外授業 シリーズものにならないかなと

密かに期待しております^^;


投稿: 虎馬 | 2008年7月28日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イエスタデイズ:

« 陽のあたる場所 | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます。 »