« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

原作「夕凪の街 桜の国」

この映画における 麻生久美子の演技の余韻を感じたくて 原作を購入しました。

ノベライズの存在も知ってますが とりあえず。

Img2

帯の推薦文が「ホモホモセブン」の みなもと太郎 なのがニクイ!!




夕凪の街 桜の国  こうの史代

○データ

「夕凪の街」・・・WEEKLY漫画アクション 2003年9月30号掲載

「桜の国(一)」・・・漫画アクション 2004年8月6日号掲載

「桜の国(二)」・・・描き下ろし

Img_00022

思ったより かなりあっさり描かれていて 正直驚いています。 

なぜなら 映画「夕凪の街」は 無駄なくキッチリと作り込まれていて

原作から かなりの部分が削ぎ落とされたんだろうなと考えていたからです。

それどころか 平野皆実の重要な台詞が 一部モノローグ形式描かれており

それを見事に演じきった 麻生久美子の凄さを改めて感じます。





注目すべきは 原作の時代設定は昭和30年、映画では33年と微妙にずらされていること。

映画パンフの記述によると 監督が生まれたのが33年で その方が計算しやすいかららしいが

「ALLWAYS 三丁目の夕日」が同じ昭和33年。

「三丁目」では 高度成長期の日本を描き 未来への夢と希望の上昇ベクトルに満ちていた。

一方「夕凪の街」は 嫌がおうにも過去を引き摺りながら生きていかなければならない家族の話。

いずれも 紛れもない日本の現実だったのです。


幾千 幾万の非戦闘員を一瞬に焼き尽くした原爆。それだけで充分のはずなのに

数日後に 型の異なる原爆を長崎に落とされる。

もう これは完璧に人体実験であることはあきらかでしょう。

そう考えると 太平洋戦争は アメリカにとって 初めに「原爆ありき」ではなかったのかと思ったりもします。

兵糧攻めで 飛車角落ちの真珠湾に誘い 自国の士気を高め

滅亡寸前のギリギリまで粘る日本人気質を見抜いて

「早期終戦のためには仕方がない」状況を作ったのではないのか。

だからこそ 皆実に 「死ねばいい」と誰かに思われた と言わせたのかもしれないですね。

その「誰か」は 戦後 復興の建設物をひたすら築きあげる足元に ポッカリ開いた負の遺産に目を逸らし続けた 日本 そのもののような気もします。


Img_00012


「桜の国」は まだ被爆者の苦しみは終わっていないこと詠い綴る。

材料は揃っているのだから 映画では後半がうまく描ききれていなかったのが悔やまれます。


015_06

恋人に はじめて「おまえ」と言われた日

不器用な自分に 心から笑い合えた

皆実のいちばん幸せなひとときを

麻生久美子が演じると 俺は とてもせつない。




●LOVE LETTER / 区麗情 with 浜田省吾

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

映画「夕凪の街 桜の国」

Img2_2

★★★★☆

お察しのとおり 麻生久美子見たさで鑑賞してきました。

もうレンタルされるまで 待っちゃおうかなーと考えてたんですけど

risa さんの Slow & Simple Life の記事を拝読し どーしても 大きなスクリーンで見たくなりました。


キャスト

Img_00062

Img_00072

監督は「出口のない海」の 佐々部清

○上映時間 1時間58分

○内容は ある被爆者家族の昭和33年夏を描いた「夕凪の街」と

その後の現代を描く「桜の国」の二編。


Img_00022_2 Img_00012_2

麻生久美子 田中麗奈 このふたり テレビドラマにあまり出ない 映画人ですね。



●「夕凪の街」

原爆投下から十三年 河沿いで貧しい暮らしを続ける 平野皆実(麻生)と母・フジミ(藤村)には 戦時中疎開し そのまま水戸のおば夫婦の養子になった弟・旭(伊藤)がいる。

皆実は 会社の同僚・打越(吉沢)からの愛を素直に受け入れらなかった。

原爆で重度の火傷を負った妹・翠を背負ったまま亡くしたことが 頭から離れずにいたからだ。

「おねーちゃん 長生きしてーや。」

- 自分はあの時 死んでしまわなければならない人間だったのではないか ・・・ -

そんな激しい葛藤を 打越は「生きとってくれて、ありがとな。」と 

傷ついた心を優しく包んでくれた。

しかし 彼女の身体はすでに原爆症が蝕んでいたのだ。

●「桜の国」

現代の旭(堺)は 東京で定年を迎えていた。

夏のある日 最近何やら挙動不審の彼を 娘の七波(田中)が追跡する。

その途中 現在の家に住む前の 団地時代の同級生・東子(中越)に遭遇

ふたりで 父を追うことになるが 途中 東子が弟・凪生(金井)と付き合っていたことがわかる。

そして 父の行き先は広島だった。

Img_00032

銀幕いっぱいに微笑む麻生久美子が 儚く物憂げで圧倒的にいい!

先日 雑誌のロングインタビューで予習してあるので

貧しい暮らしの演技にも納得。

もっと全編に露出する工夫して欲しかったな。

時効警察以来のウタ声も聞けます。

打越との会話で 原爆は「落ちてきたんじゃない 落とされたんです。」という台詞が印象的でした。

これは 直接被爆した者と 他の日本人の温度差だと思います。

Img_00042_2  Img2

「夕凪の街」がよかっただけに

ちょっと現代風のドタバタを意識しすぎた「桜の国」は惜しいな。

前フリを確実に回収していくんですけど

どーしても ふたつの物語の繋ぎ目たる父・堺正章が堺正章のまま出てる感じがするんです。

もっと重厚な演技が出来る人(誰がいいかな?)でもよかったなーと。

青年時代の伊崎くんの 誠実で素朴な演技がとてもよかったのですが

まったく 同一人物に見えないんです。残念。

Img_00042_3

舞台の中心は もちろん広島。

当然 麻生久美子の広島弁も聞けます。

彼女の揺らぎボイスが 今でも耳に絡みついてきます。


今度は 綾瀬はるかのスクリーンいっぱいの笑顔を見てみたいです!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

Highway Walker

●ハイウェイウォーカー 東日本 9月号

Img2

京葉道路 市川・鬼高PAで山積みされてました。

運転中、見とれて事故りそうになりました。

危険な雑誌だなー。

無料だから 贅沢は言えないけど 少しでもインタビューとか

車に乗ったショットとか載せてもらいたいな。

Img_00012





●telepal 10月号

日刊スポーツに 世田谷のロケ地が掲載されましたが

telepal でも2ヶ所紹介されてました。

Img_00112

http://www.tokyosweetsfactory.com/

http://www.dynac-japan.com/ginza-suikyoutei/

世田谷・自由が丘のお店は かみさんの実家(祖師谷)へ行く途中に寄ってみたいです。



●TVnavi  10月号

Hotaru_tvnavi

Nob さんからの貰い物です。





●夢島(浮島)

324_1062

月崎 沖ノ島で日が暮れて 先日はウォッチングできなかった浮島。

行きたい 行きたい ・・・ 。

324_1332 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

EiZiN & TATSURO

smart 10月号

Img_0007

「もう コメディしかやりたくない。」

Img_0008

ちょっと 腫れぼったい顔。お疲れかな?

微妙な指先が好きです。




telepal f 10月号

Img_00092

Img_00102








Southward Bound 鈴木英人 & 山下達郎

1983年12月15日 シンコー・ニュージック発行

Img_00122 Img_00182_2

Img_00132 

Img_00172

Img_00162

Img_00152

Img_00142_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

さよなら夏の日 

Okinoshomatsukzaki2_0442

もう 風の向きも変わり 夏の幕を退くように 雲が流れていく

夏の終わり 夏の幻。  

Okinoshomatsukzaki2_0752_3













週刊 ザテレビジョン 8・31号



マコトというより 部長目線になりつつあります。

こんな妹がいたら かわいいだろうなー。

男家系なもので 姉や妹って どんな感じなんだろうと思ったりします。

でも デリケートな問題に直面している ご同輩を見ると

女の子供がいなくて よかったかなーなんて^^;

Img_0003




ホタルのマドリです。

Img2





「正面より横顔」 ・・・ わかる気がする。

Img_00022









●18 桑田真澄

Img_00062

フィールディングは超一流なんだから

ニークロのような ナックルを覚えれば あと二年やれるぞ!





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

The Moment Of The Moment

その永遠の一秒に / 浜田省吾 18th アルバム 1993年作品

Img2

1.境界線上のアリア

2.傷だらけの欲望

3.最後のキス

4.悲しみ深すぎて

5.ベイ・ブリッジ・セレナーデ

6.こんな気持ちのまま

7.星の指輪

8.裸の王達

9.初秋

2.傷だらけの欲望 を発売当時 バンド練習しましたが 特に好きなアルバムではありません^^;

だけど ジャケットがとっても気に入っていました!

Okinoshomatsukzaki2_0552

今回の沖ノ島の写真です。ちょっとイメージ捕らえてると思いませんか?


あのドラマのロケ地探索は 松崎2回、千葉は延べ3回。まだまだですね。

その都度 行くまでには いろいろクリアしなければならない事がたくさんありますが

必ず期待以上のものを与えて貰いました。

松崎も千葉も いつも自然に 当たり前のように おいらを迎え 癒してくれます。

こんな 場所は今までなかった。

自分の腕以上に 美しい風景を撮らせてくれる 沖ノ島、浮島。

時間・時代レスの感覚に陥る 月崎。

舞台セットがそのままリアルに この世に現れたような松崎。

町の人々も おいらが足を踏み入れるのが台本にあるように 自然に受け入れてくれました。



綾瀬はるかが これからいくつのドラマ・映画のキャリアを積もうとも

ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」が 彼女の原点であることには変わらないと思います。

その作品に リアル時間で自分が立ち会えたことに 何にも代え難い幸せを感じます。

Okinoshomatsukzaki2_0332 Okinoshomatsukzaki2_0362

Okinoshomatsukzaki2_0612 Okinoshomatsukzaki2_0622

Okinoshomatsukzaki2_048 Okinoshomatsukzaki2_0512

Okinoshomatsukzaki2_0652

Okinoshomatsukzaki2_0492 Okinoshomatsukzaki2_0642

Okinoshomatsukzaki2_0012_2 Okinoshomatsukzaki2_0182

Okinoshomatsukzaki2_0152   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

'07 小湊鉄道 月崎 夏

Okinoshomatsukzaki2_0192

亜紀と蛍に逢えた夏は 一番大好きな季節です。

お盆が過ぎて 街が日常に帰り 甲子園のざわめきも遠のいていけば

あんなに暑かった夏も永遠ではなく 秋に向かってゆっくりカーブを切っていきます。

・・・ 寂しいっす。

月崎

Okinoshomatsukzaki2_0022

写真追加しました。

自宅からここまで 2時間半。

もちろん渋滞もありましたが、2時間半あれば 沼津まで行けそう。

伊豆半島と千葉は同じくらいの面積かなーと おぼろげに感じていましたが

実際 地図を見比べて 千葉の圧倒的大きさに驚き!(いまさら^^;)

遠いはずです。

Okinoshomatsukzaki2_0222 Okinoshomatsukzaki2_0232

Tsukizaki_0012_2 Okinoshomatsukzaki2_0102

Tsukizaki_0022 Okinoshomatsukzaki2_0252

Okinoshomatsukzaki2_0072 Okinoshomatsukzaki2_0052

Okinoshomatsukzaki2_0092 Okinoshomatsukzaki2_0062

Okinoshomatsukzaki2_0132 Okinoshomatsukzaki2_0172_2

Okinoshomatsukzaki2_0082 Okinoshomatsukzaki2_0272 Okinoshomatsukzaki2_0282 Okinoshomatsukzaki2_0242 Okinoshomatsukzaki2_0262

駅向かいの ヤマザキパンでアイスを買いました。

さすがに 白くまは置いてません^^;

月崎を離れたのは 14時くらいだったと思います。

千葉は 本当に広いです。

天津小湊まで 養老渓谷を下って行くことになりましたが

遠い遠い ・・・ 。

道も狭く 海沿いに出ると渋滞で 沖ノ島まで3時間もかかってしまった。 

その時点で 夢島(浮島)ウオッチングは諦めましたが

おかげさまで(前記事参照) 沖ノ島の夕暮れも撮れる事になりました。

ブログの先輩のみなさんは 3ヶ所巡りをなんなくレポートしたりしていますが 

自分には 2ヶ所が精一杯かなー^^;







ホタルノヒカリ 第六夜

仕事はテキパキこなすのに 恋愛はなんで あーも与太郎になっちゃうんだろう?^^

ウインクされて 「眠いんですか?」って言ってる方も可笑しいけど。

ホタルが 自分のアイデンティティである縁側を マコトにもわかってもらえた時の笑顔がよかったな。

マコトもまた 自身を聖域に入れてくれた喜びを噛み締めていました。

でも、飲んで起きたら ホタルの家って もっと疑問に思わないのかなー?

綾瀬はるかの笑顔が見れるなら もうそれで いーや^^;





| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

'07 沖ノ島 夏

Okinoshomatsukzaki2_0302

Okinoshomatsukzaki2_0922

潮が満ちてしまえば 陸路を閉ざされてしまいそうな

そんな 脆く 危うい この島が あのふたりにとって 一番楽しかった記憶 ・・・





Okinoshomatsukzaki2_0382 Okinoshomatsukzaki2_0402 Okinoshomatsukzaki2_0672

例の場所は ここかな? と 小さな声で言っときます ・・・

水位が上がって 地形が微妙に掴めませんでした。^^;

Okinoshomatsukzaki2_0662

お約束の 灯台も発見。

Okinoshomatsukzaki2_0432 Okinoshomatsukzaki2_0462

Okinoshomatsukzaki2_0472

そして 島の裏側にたどり着きました。

Okinoshomatsukzaki2_0562

Okinoshomatsukzaki2_057_2 Okinoshomatsukzaki2_0602

Okinoshomatsukzaki2_0372 Okinoshomatsukzaki2_0392
Yuhi2

Okinoshomatsukzaki2_1032

北条海岸。小さく 沖ノ島も見えます。

この時点で 午後7時を過ぎました。

我が家への道のりは 北北東へ60マイル ・・・

今回 夢島(浮島)は当然 断念です。





湾岸沿いの夜風に吹かれながら聞いたCD^^;

Ballade TAKANAKA  20th Anniversary  1991年作品

Img

1.Sterdust

2.Say It (Over And Again)

3.Calling You

4.渚’91

5.Cause We've Ended As Lovers  哀しみの恋人たち

6.伊豆甘夏納豆売り

7.Antonio's Song

8.20th

9.Aubrey

10.That's The Easy Part

11.珊瑚礁の妖精〜Plastic Tears





11.珊瑚礁の妖精を J とトリオを組んでいた友人のギタリストが

おいらの結婚式のお色直し入場で弾いてくれました。^^



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

Anniversary

●本日 拙ブログ開設1周年。


一年ぶりの月崎 そして 沖ノ島リベンジへ行ってきました。

Okinoshomatsukzaki2_0542

夕暮れの沖ノ島は 波の音と蝉時雨のハーモニー ・・・

夏の音符に満ちていました。

Okinoshomatsukzaki2_0732

Okinoshomatsukzaki2_0982

隣接する 館山・北条海岸のパームツリー。

Okinoshomatsukzaki2_1042




月崎のソラ。

Okinoshomatsukzaki2_0112_2

リンクを貼らしていただいてるブロガーの皆さん。

コメント、閲覧していただいた皆さん。

一年間 ありがとうございました!

二年目ですが 相も変わらず ゆるーく 続けていく所存であります。

たとえば 東京スポーツの見出しに「くすっ^^」と笑い出すように

「また、テキトーな事言ってらー」と 読み捨てて貰えれば幸いです^^;




| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年8月12日 (日)

COME ALONG

Img_0002_2   

●COME ALONG / 山下達郎

ちょっとネンキの入った カセットジャケですが^^

ファンなら 絶対持ってますよね!

1980年発売。

内容は 「CIRCUS TOWN」「SPACY」「GO AHEAD!」からのセレクトで

各曲を D.J.小林克也が紹介し 電話のゲストとして 学生役の竹内まりやが登場するという洒落たもの。

カセットのみの発売でしたが 後にレコード、CD化。

COME ALONGⅡ」も存在します^^;

発売当初 赤のファミリアXGで 「君と25時の海を見たい」 などと寝ぼけた台詞で誘い

このカセットの「潮騒」までは なんとかしようとした奴を何人か知ってます。

今はねー、カーテレビもワンセグもあるので

「ちょっと休んで行こうよ、見たいテレビもあるし ・・・ 」 これ 通用しません^^;




○SIDE.1  Dancing Side

BOMBER

LET'S DANCE BABY

SOLID SLIDER

LET'S KISS THE SUN  愛を描いて

~ドリーム・オブ・ユー~

FOLLOW ME ALONG  ついておいで

~蛍の光~

LAST STEP




○SIDE.2  KIKI Station Side

LOVE SPASE

WINDY LADY

CIRCUS TOWN

素敵な午後は

PAPER DOLL

THE WHISPERING SEA  潮騒






それでは、メジャーセブン感いっぱいの 達郎のスタンダード・バラードを ・・・


●「潮騒」 作詞・吉田美奈子  作曲・山下達郎


打ち寄せる波 素足へと 集める泡のもろさより

君の心は傷つきやすいから

いつも僕がつつんであげたい 君のこと

少しずつでも 打ち解けあい 永遠の愛 つかみたいと

僕の心 限りなく願う 愛してくれるね 僕のこと


   ゆっくり飛ぶ 海猫だけが 見守りながら

   翔けめぐる今 赤く染まる海と(潮騒が教える)

   二人燃やす夕陽 ほら 沈んでく


寒くないかい 素足では 貝殻耳に当てたままで

風を受けてる 君がいとおしく 美しい口もとに 口づける


星影 浮かんだ 君がいとおしい

星影 浮かんだ 君がいとおしい ・・・



Img_0003

’83 コンサート・ツアー・パンフより




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

真夏の夜の夢

20070807182154

噛み締めるように打ち上がった 遠い日の花火の照り返しが

君の頬に 浮かんでは消えていった


誰かが僕の名を呼んだ気がして 振り返ると

夏のざわめきが遠のいていく


寂しさに駆られて 傍らの君を抱き寄せれば

ホログラムのように蒼く透きとおり

残された喪失感だけが本物で もう誰もいない。





●ホタルノヒカリ 第五夜


ようやく 蛍からの告白。亀女?

それとくらべて ダルビッシュ!

熱愛報道→妊娠報道→結婚宣言。

連日 ストライク!ストライク!!ストライク!!!

三球勝負だもん 一球くらい遊ぼうよ^^

しかし、彼は喫煙も結婚も早いねー

同じ「できちゃった」でも 辻ちゃんのダンナには みんな厳しかったんじゃないの?^^


もとい!

高野部長の結婚式スピーチは 「プロポーズ大作戦」を思い出しますよね。

「想いは 言葉にしなくては伝わらない」

これ 実践してみました! くわしくは言えませんけど^^;


324_201

steady.  自ブログから携帯待ち受けに取り込んでみました^^





●ビバ!白くまくん!!

Shirokuma_01 Wafu_01

http://www.sej.co.jp/shohin/shirokuma0605.html

白くまフリークのみなさま。 本日 和風・抹茶ソース入りを食してみました ・・・

やっぱり いつもの定番がいいな^^;

280円は高いけど 酒もタバコもやらないんだから

夏場のアイスくらい 贅沢していいよね?



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年8月 7日 (火)

steady.

●ステディ 9月号

Img_00012

こ、この笑顔!今年のナンバー1だと思います!!!

Photographer/MASAMITSU TOMITA 要チェック!^^

Img_00032

塚本くんと みうらじゅんも載ってて 自分にとってお買い得。^^

Img2

Img_00042

明日は 第五夜。ドラマも深まると 終わりも近づくわけで ・・・ 。




●白熊くん(セブンイレブン)

マイブームです! 練乳がけのみぞれにフルーツが乗ってるだけなんですが

280円もするんですが 毎日食べてます^^

・・・ が 本日 どこのセブンでも売り切れ!

き、禁断症状が ・・・

街角で怪げなおっさんに 「ダンナ、白熊 ありますよ」 と耳打ちされたら

いくらでも出しそうです^^;

和風320円 まだ食べていません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年8月 4日 (土)

毎日かあさん・出戻り編

●2007・7・27 報道ステーション

http://www.youtube.com/watch?v=dvsjcsWgqhc

西原理恵子と亡くなった夫 鴨志田氏の物語にたまらなかった。

自分の弱さから アル中になり 西原から三行り半を突きつけられた男。

「君にあえて しあわせな人生だった。もう悔いはないよ。」

あの饒舌な西原が無口になった。


●毎日かあさん・出戻り編 抜粋

Img_0004

Img

Img_0001_2

Img_0002

Img_0003

| | コメント (4) | トラックバック (0)

今週の昼ごはん

西麻布西船橋のカレーパン

20070803122724

あんまり おいしそうじゃないかな?

コロッケ・サラダパンとアンドーナツも ・・・ 足りない。

ビールは さすがに飲みませんでした。^^;




●ホタルノヒカリ 第四夜

「しょうたろう」はもちろん 鉄人の正太郎ですね^^


「デート、デート ・・・ 」

「この前 ありがとな、ビール」

「・・・ ビール、ビール ・・・」

って 一度にふたつ考えられない はじめてのお使いかよー^^



うどん作っただけで 自信に満ち溢れたり

リアクションの幼さがかわいい!

そんな蛍に いつもヒトノリしてくれる部長。

離婚寸前の男が 部下の女子社員と同居はありえないけど

売りでもある このふたりのやりとり 兄妹みたい。

実際 最近まで お兄さんと同居してたんだもんね!

「綾!女優がそんなダラダラした生活してていいのか?!」

「いいんだよ~。あたしゃねー オンとオフをキッチリ分けられる女なんだから^^」

・・・ なーんて会話 してたかも;;


漫画の9巻でも 部長とのコンビは健在!

もう ドラマも続編決定してもいいんじゃないの?^^





●Number 684

Img

就任当時に囁かれた ベタなネタ

「惜しむジャパン」にならないように ・・・

Img_0001

今頃 カナダレポート。 Number 頼むよー^^;

Img_0003 Img_0002

オールスター第二戦。

一時は ダルビッシュのおかげで 選抜高校野球の行進曲が「スモーキン・ブギ」になるのか?と思ってました^^;




●お知らせ

先月 「W.E.S/S」2ndアルバムを紹介した 我々(?)の後輩 KEY田辺くん

この度 夏のイベントに参加。

PINK FLOYD のコピーバンド「BRAIN DAMAGE」でキーボードを叩きまくります!

Img_0001_2

Img_00022

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

夜にまぎれて

20070801185738 20070801185634

夜にまぎれて 君に逢いに行きたい

最終便を乗り継いで 太陽の西へ舞い降りて

ひまわりのような笑顔を 抱きしめたせつなさが 

記憶の奥で 想い出に resaize される前に









●TOKYO★ 1週間

Img2

Img_00012









●週間 ザテレビジョン

Img_00022

Img_00032

Img2_2

Img_00042

いよいよ 来週あたり 蛍が檸檬を持つのかな?





横顔 aiko   作詞・作曲 / AIKO


眠っていた心の中に 些細な些細な小さな傷

いつの間に その隙間から溢れて来るのは

あなたの名 優しく強い目 指 髪全てに気付かされる

出逢えたこと 話をしたこと

次は触れたいと いつからか願ってた

起こされた想いは 止まらないから躓いても


胸は風を切って 横顔に恋をした

あたしはとても切ない あなたをとても愛しい






ある日偶然 助手席に乗った

特別に感じたシートの熱 右肩がくすぐったくて

待ちくたびれる 長い毎日

きっとあなたに逢っていないせいだな

辛い時があっても輝く術も知っているはず

電話が鳴る度に横顔が浮かぶのは

やっぱり少し切ない あなたをいつも愛しい

雨上がりに二人歩いた道

足音がいつもと違ってなんだか嬉しい

起こされた想いは止まらないから躓いても


胸は風を切って 横顔に恋をした

あたしはとても切ない あなたをとても愛しい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »